関連キーワード

  1. 当る人の共通点は? ロトやtoto★本年度こそ必勝宝くじ!!!ランキング

当る人の共通点は? ロトやtoto★本年度こそ必勝宝くじ!!!ランキング

税金もあがあり家計のやりくりを考えていますでしょうが、 本年度こそ宝くじ当選を狙う!という方もいらっしゃいませんか? 今回は宝くじなどの高額当選された方の共通・特徴を集めてみました。 これを読んで是非参考にしてみませんか?

  • 1位

    好きな数字、ジンクスやご縁のある数字を追う

    好きな数字、ジンクスやご縁のある数字を追う
    高額当選者は、
    自分なりのこだわりを持って宝くじを購入しているといいます。
    「2つの売り場でバラ10枚ずつ」
    「亡くなった娘の年齢に因んだ枚数」「白い服を着る」など、
    当選者は自分なりのルールを決めているみたいです。
    大切なのは、自分の心の声を聞き、その習慣が正しいと信じ抜くこと。幸運の女神の微笑みは「信じる者は救われる」と自分の感を信じてきた人だけのプレゼントなのですね
    福岡で高額当選されている有名な和尚様のお話など
    大変感慨深いです。
    http://ameblo.jp/counselors/entry-10421187426.html

    またロトは出やすい番号や法則性などありますので意識すると
    いいかもしれません。
  • 2位

    望みを捨てないでも続ける。そして無欲

    望みを捨てないでも続ける。そして無欲
    「当たらないからやめる」
    という方もいらっしゃいますでしょうが続けるからこそ当たるのです。

    当選者は一気に大量買いぜずに少しづつ毎回買っていたり
    悪いことがあるときに宝くじを購入し当選したという声も聞きます。
    厄年のためか悪いことが多かったので、厄払いになればという思いから購入した宝くじが、厄を払うどころか幸運をもたらしたと言う
    話を聞きます。買い続けると福がくるのでしょうね。
    無欲も大事です。
    高額当選者の共通通者は宝くじの封も切らずに、
    買った状態のまま当せん番号の
    確認に来たりなんとも無頓着というか、
    欲がない方が多いとか?聞きます。
    「自分が当たる」。そう思い込むことがもしかしたら運を引きつける一番の秘訣なのかもしれないです。
    継続は力なり。日々身の回りを清潔にし、思い込みをも運に変えてしまい、いつの日かの当選を地道に待ってみましょう。

    日々の生活を丁寧にコツコツし「がっつかない」
    地道が一番。
  • 3位

    良い場所で買ってみる

    良い場所で買ってみる
    大勢行き交ういい運気の場所で購入してみましょう。
    『京急品川駅構内宝くじ売り場』と、
    西銀座チャンスセンターや
    千葉の『ジョイフル本田千葉ニュータウン店宝くじ売り場』には、宝くじがあたるというジンクスがあるのです。
    また2010年のドリームジャンボで1等前後賞3億円が出た
    愛知県新城市にある「サークルK長篠店」等々・・
    人の行き来が多い所が当たりやすい場所なので
    自分が住んでいる地域のあたる場所をインターネットで検索して見ましょう!
    またtotoは楽天で購入すると当選確率が高いとか・・。
  • 4位

    当たったら1割は募金をしてみる。

    当たったら1割は募金をしてみる。
    あぶく銭です。
    自分だけ当たればいい…と思う人には仏様は夢を与えられません
    というご意見もあります。
    ちゃんと募金として使ってくれる所にお気持ち
    として募金し還元しましょう。
    あと高額当選者は当選後人生が崩れるという話もありますので
    当たっても人のため日々コツコツと丁寧に生きましょう。
  • 5位

    当たる話をいっぱい聞いてイマジネーション

    当たる話をいっぱい聞いてイマジネーション
    潜在意識を変えて良いイメージ。
    当選後の夢など色々描きましょう!

    JR博多駅から電車で25分の所に
    城戸南蔵院前(きどなんぞういんまえ)駅
    から徒歩3分の場所に宝くじ開運のお寺と呼ばれる「南蔵院」がある。世界一の大きさを誇るブロンズ製の釈迦涅槃像が有名だが宝くじで高額当せんを果たしたこの寺の住職・林覚乗さんの
    お話とか良いと思います。30回高額当選したらしいですよ。

    他に「いしいひさいち」さんも良く当選者の漫画を描いています。
    読むとハッピーになるかもです。

    その他
    ●宝くじを購入したAさんは、その束を自宅の本棚の上に置いていた。そしてその隣には、大黒様の描かれたお札が。ある日、お札が風で飛ばされてしまい、近くにあった宝くじの束をお札の重しがわりに使ったのだという。
    「抽せん日を迎えるまで、宝くじとお札はそのままずっと一緒に置いていました。当せん番号を確認しようと、その束をひっくり返してびっくり。大黒様のお札に触れていた宝くじが、1等に当せんしていたんです」
    また ジャンボ発売のたびに1000円持参し、
    連番で3枚だけ買うおばあちゃんがいた。
    ある年、その3枚が見事1等前後賞で3億円当せん。
    売り場では「次から何枚買うだろうね」と期待を膨らませていた。次の回もやってきたおばあちゃんは、2枚アップし「5枚ください」。「人生狂わせてない」おばあちゃんのペースですね

    ●ロト6で1つの番号(6つの数字の同じ組み合わせ)1口だけを9年間買い続けた男性がいた。ある日、その番号が1等8500万円に。たくさん買うことはない。
    継続して買うことが重要だとという事ですね。

    ● ある宝くじで1000万円を当てたおじいちゃんがいたそうです。
    売り場に張り出される「1000万円が出ました!」の張り紙の前を通るたびに「これ、ワシじゃ」と得意満面で言ってしまい、周囲から心配された。
    ●窓口に飾ってある1枚200円のスクラッチを
    「これちょうだい」と1枚購入した男性が、200円当たった。「運がいいね」と今度は5枚購入すると、100万円当せん。「ほんっとに運がいいね! あと5枚!」で何と、
    合計1000万円当ててしまった人がいるとか。

    どうですか?
    良いイメージは沸きましたか?
1 2 1ページ目/全2ページ
※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。
公開日:

あわせて読みたい

あわせて読みたい

最終更新日: 2014-09-25 17:26:08.0
違反ランキングとして通報する

記事が公開されました!

記事をシェアしませんか?
あなたのお気に入りをみんなで共有しよう!