関連キーワード

  1. 赤ちゃんも大人もニッコリのオノマトペ絵本ランキング
赤ちゃんも大人もニッコリのオノマトペ絵本ランキング

gettyimages ロゴ

赤ちゃんも大人もニッコリのオノマトペ絵本ランキング

読み聞かせ絵本と言っても本当にたくさんの本があります。その中でもちょっとしたブームにもなったのがオノマトペ絵本です。オノマトペとは擬音語や擬態語のことで、子どもってなぜかそういう言葉が大好きなんですよね。大人も読み方に工夫しがいがあって楽しめますよ!

1位

もこもこもこ

amazon

もこもこもこ (ぽっぽライブラリ みるみる絵本)
もこ、もこもこと何かが盛り上がってきてパチンとはじける絵本です。オノマトペ本が脚光を浴びた時に大流行りしたイメージがありますが刊行は何と1977年で40年も前です。子どもが好きなものって変わらないんですね。

2位

カニツンツン

amazon

カニ ツンツン (こどものとも傑作集)
読む側の力量が問われる絵本です。無意味な言葉の羅列なのかと思いきや、妙に知っている単語が出てきたりして読み聞かせるのが結構むずかしく感じます。

3位

ぴよぴよぴよ

amazon

ぴよ ぴよ ぴよ (福音館あかちゃんの絵本)
ぴよぴよぴよとヒヨコが鳴く絵本です。このぴよぴよをどう抑揚をつけて読んでいくのかによってストーリーまで変わっていきそうな感じがします。

4位

ごぶごぶ ごぼごぼ

amazon

ごぶごぶ ごぼごぼ (0.1.2.えほん)
風がふいたり水に浸かったりする絵本です。シチュエーションはわかりませんが、とにかく起こっている何かをオノマトペで子どもに伝えていきましょう。

5位

じゃあじゃあびりびり

amazon

じゃあじゃあびりびり (まついのりこのあかちゃんのほん)
じゃあじゃあは水道の音です。赤ちゃんのまわりにある音の擬音を教えてくれる絵本です。この絵本をもって家中を探検して歩くのも楽しい読み方かもしれません。

6位

ぽぱーぺぽぴぱっぷ

amazon

ぽぱーぺ ぽぴぱっぷ (谷川俊太郎さんの「あかちゃんから絵本」)
何かをしゃべっているんだけど全く分からない絵本です。赤ちゃんにおしゃべりって楽しいよと解ってもらえるように楽しく読みたい1冊です。

7位

もけらもけら

amazon

もけら もけら (日本傑作絵本シリーズ)
ピアニストの描いた擬音の世界です。歌と踊りが大好きな小さい子には思うところの大いにある1冊になります。リズミカルに読んであげましょう!

8位

ころころころ

amazon

ころ ころ ころ (幼児絵本シリーズ)
1 2 次へ
※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。
公開日:

あわせて読みたい

あわせて読みたい

最終更新日: 2017-08-17 14:16:03.0
違反ランキングとして通報する

記事が公開されました!

記事をシェアしませんか?
あなたのお気に入りをみんなで共有しよう!