1. 間違って使ってるかも?意味を勘違いしてる言葉ランキング
間違って使ってるかも?意味を勘違いしてる言葉ランキング

gettyimages ロゴ

間違って使ってるかも?意味を勘違いしてる言葉ランキング

日本語の間違いが指摘され易い現代。日本語の意味自体を間違えて使用していたりしませんか?今回は間違い易い日本語の正しい意味を紹介していきます。一人前の大人として恥ずかしくない日本語力をつけましょう!

1位

失笑

「失笑」・・・「あざ笑う」、「蔑んだ笑い方」といった意味で使用する人も多いかもしれませんが正しくは「面白さををこらえられずに吹き出して笑うこと」、が正しい意味です。貴方の話で失笑されたら貴方の話が面白い、ということなのです。

2位

ハッカー

「ネット上で罪を犯した人」という意味で使用されがちですが間違いです。本来は「コンピューターやネットに詳しい人」を指します。たまにニュースでも「ハッカー行為で逮捕」なんてありますが詳しいだけで逮捕されてはたまりません。

3位

煮詰まる

「煮詰まる」・・・考えすぎて袋小路に迷い込んでしまう、「行き詰る」といった意味で使ってる方も多いかもしれませんが、話の準備が整い結論が出せる段階になった、という意味が正しいです。ネガティブな事ではなくポジティブな意味の言葉ですね。

4位

敷居が高い

「敷居が高い」・・・高級すぎたり格調が高く自分に不釣合いな場所には入り辛い、といった意味で使われてる方も多いかもしれませんが、正しくは相手に失礼や不義理などが以前ある状況で心理的抵抗感が強く行き難い、というのが正しい意味です。

5位

姑息

「姑息」・・・卑怯であったり誰かの影に隠れて悪事を企んでいる様子などに使う人も多いかもしれませんが、正しくは一時的であったりその場を取り繕うモノの意味です。誰かに「姑息」と言われても悪い意味では無いのかも知れませんね。

6位

なしくずし

「なしくずし」・・・物事がハッキリしないままなんとなく進んでいく様の事をなしくずしといった言葉で表現する方も多いかもしれませんが、正しくは物事を少しずつ、徐々に運んでいったり片付けたりする事を言います。果物の梨が崩れる事を指す場合もあるかも知れません。

7位

情けは人の為ならず

「情けは人の為ならず」・・・他人に情けをかけて優しく接してあげてもその人の利益にはならない、といった意味で使っている人もいるかも知れませんが、正しくは他人に情けをかけて優しく接すればいずれは自分にその情けが返ってくる、といった意味です。

8位

陳腐

「陳腐」・・・つまらない物、下らない物といったネガティブな意味で使われる人も多いかもしれませんが、正しくはありふれた物、平々凡々とした物、という意味です。必ずしもネガティブな意味ではないので他人に「陳腐」と言われても蔑まれているとか限りません。

9位

節操がない

「節操がない」・・・せかせかと落ち着きが無い様子を表すとして使っている人が多いかもしれませんが、「節操」とは「信念・信じるものを守る事」という意味で「節操がない人」とは「信念がなく浮ついた行動をする人」の事です。

10位

悪びれる

「悪びれる」・・・悪事を働いても虚勢を張って反省してない様な態度をとる様子だと思っている人も多いかもしれませんが、正しくは恥ずかしそうな態度や必要以上に自分を卑しめている卑屈な態度をとっている様子を「悪びれる」といいます。
1 2 次へ
※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。
公開日:

あわせて読みたい

あわせて読みたい

最終更新日: 2017-01-31 17:51:26.0
違反ランキングとして通報する

記事が公開されました!

記事をシェアしませんか?
あなたのお気に入りをみんなで共有しよう!