関連キーワード

  1. 【賢く節約!】女性も利用する1000円カットのメリット&デメリット!
【賢く節約!】女性も利用する1000円カットのメリット&デメリット!

【賢く節約!】女性も利用する1000円カットのメリット&デメリット!

今回は若い女性も結構利用していると言われる1000円カット店のメリットとデメリットを 色々まとめてランキングでご紹介したいと思います。 ちなみに筆者はバリカンを使い自分で刈っています。

1位

メリットその1:価格が安い

出典:

やはりこれが1000円カット店がココまで普及した一番の理由でありましょう。

ちょっとオシャレな美容室とかに行けば、髪を切る以外に肩や首を揉んでくれたり、頼んでも居ないのに爪のお手入れまでしてくれるそうですが、料金は都心なら6000円~1万円ぐらいは、普通に取られるそうであります。

まあ、これは筆者が男だからかも知れませんが、理容室、床屋、美容室色々有れども、基本的には「長くなった髪を切る場所」であって、それ以外の余計な機能は要らない様な気もします。

まあ、女性の場合はパーマやヘアスタイリングなど、色々お手入れも有るので、そうは言い切れないと思いますが。

ともあれ、特に男は筆者の様に考える人間が多く、だからこそこの1000円カット店は大流行と成ったのでしょう。

2位

メリットその2:すぐに終わる

出典:

筆者も今のようにバリカンで自分の髪の毛を刈る様に成るまでは、1000円カット店に長年通っておりました。

1000円カット店の大きなメリットの1つとして利用料金が安い分、数多くの客をこなさないと採算が合わないので、店員さんは黙々と前に座ったお客の髪を切り続け、大体1人平均10分~15分という早さで仕上げるそうです。

これは客の側から言えば「すぐに終わって良い」という事に成りますが、キチンと仕上がらない場合は不満の元にも成ります。

3位

メリットその3:洗髪や髭剃りが無い

出典:

筆者が従来の床屋さんをイヤに成った理由として、この洗髪や髭剃りをセット料金にしている店舗が多いという事です。

気の利いた理容店や美容室などでは手間を省く為に「カットのみ」というお店も有るそうですが、それでも2500円~3500円は基本料金として取られるそうでありまして、逆に損した気分に成ります。

洗髪はともかく、髭剃りはお店によってかなり痛いお店もあって、また少々痛くても「痛い」とは中々言えないものでありまして「なんで客の側が我慢してこんなサービス受けにゃならんのだ」と、20年ぐらい昔(気の利いた理容室も1000円カットも普及していない時代)はよく思った物であります。

4位

メリットその4:意外にちゃんと仕上げてくれる

出典:

昔は1000円カットと言うといい加減な床屋の代名詞と言いますか、実際筆者の体験でもかなり酷いお店が普通にありました。

どの様に酷いかと言いますと、カットを急ぐあまり、耳たぶを切られそうに成って出血したり(筆者も1度ありました。。。)ハサミの鋭い刃先がちょっと頭に刺さったり(これも2,3度ありました。。。)こんな事が良くありました。

まあこういう場合は利用料金も無料に成るのですが、それだけじゃ済まないぐらいに腹立たしく思う事が、確かに多々あったのは事実です。

しかし、昨今(ココ10年ほど)の1000円カットは非常に進化しまして、上に書いた様な事は皆無で、しかも以外にちゃんと仕上げてくれるお店が多く成り、それに伴ってこの1000円カットは急速にシェアを拡大したそうで有ります。

5位

メリットその5:部分的なカットもOK

出典:

1000円カット店は髪の部分的なカットもOKなので、若い女性などが前髪を少しだけ切るとか、ちょっとした髪のボリューム調整をする時などに利用する事が多く成っているそうです。

つまり、美容室に行くまでも無い場合の髪の調整役としての機能をこの1000円カット店が担い、オシャレに興味の有る若い女性が総体的に美容室に行く回数を減らす事が出来、月々かなりの節約に成る。

そういう事なんだそうです。

6位

メリットその6:店員がゴチャゴチャとうるさく無い。

出典:

これも実はかなりこの1000円カットが普及した大きなファクターだと、筆者は睨んでおります。

1000円カット店の売りは「安い、早い、喋らない」これに尽きると思います。

まあ、それはともかく、昨今は床屋(従来の理容室、美容室)さんはこの1000円カット店の出現で、過当競争時代に入っているそうでありまして「良い店=店員の愛想が良い店」という様な図式というか、お喋りが好きな女性客を基本ターゲットにしたお店が多いそうであります。

来店したお客をとにかく愛想良く誉めそやし、数々のサービス(パーマやカラーリングなど様々なヘアアレンジ)をさり気なく提案し、1つでも多くのサービスを獲得する。

そんな事が常態化しているので、常にお客に対しては何かれと話し掛けるのが基本と成っているそうだとか。

しかしこれは男性にとって辛い面がありますね。
筆者も従来店に渋々通っていた頃、いつもの店員さんが休みで、お喋り好きな女性店員(手を動かさずに口だけ動かす)に当たったりすると、かなり辟易とした物でした。

7位

デメリットその1:当たり外れが多い

出典:

さて、6位まではメリットを色々と書きましたが、ココからはデメリットを書かせて頂きたいと思います。

昨今は1000円カット店もかなり質が向上して来ましたが、逆に言うと新しくフランチャイズ化する業者も増えているという状態ですから、現在はかなり玉石混交、つまり当たり外れが多いのが現状だそうです。

これはお店単位から始まって、店員単位でも言える事でありまして「あの店の〇〇という店員さんは丁寧にやって来れるが、〇〇というあの店員はぞんざいだ」などという話も珍しく無いそうです。

1000円カット店は店員の指名が基本的に不可なので、筆者などもお目当ての店員さんにやって貰いたくて、車の中から店内を観察して、この順番ならやって貰えそうだなー

と、いうタイミングを見計らって入店する。
などという事もやっていました。

8位

デメリットその2:洗髪や髭剃りをしてくれない

出典:

これもおかしな話ですが、たまにお年寄りなどが1000円カット店のシステムを知らずに入店し「なんで洗髪と髭剃りをしないのだ!」などと怒りだす場面に出食わしたりするそうです。

つまり1000円カットと言えど「洗髪や髭剃り」をして貰いたい客も居るという訳でありまして、逆もまた真なり(ちょっと例えが違いますが)と言いますか、お客の様々な二ーズに完全に合致するのは、中々難しいという事なのかも知れません。

9位

デメリットその3:店員が無愛想

出典:

上記写真はパキスタンの理容店。黙々とやってくれるそうです。

コレも筆者などは大歓迎と言いますか、無駄口ばかり叩いて手を動かさない店員よりは余程マシと思うわけであります。

しかし、1000円とはいえ、お金を払っているのだから「店員が愛想良く対応するのは当たり前だろう」と、考える客も中には居るわけで有ります。

で、しきりに店員さんに話しかけても相槌を打つのみで、話に乗ってこない店員さんが無愛想に思えてしまい、不機嫌に成ってしまうなどという事も有るそうで、筆者の知人の中にも「あの空気に耐えられない」とか言って、1000円カット店を非難する人も居ます。

まあ、コレも逆もまた真なり→8位と以下同文。
という事なのでしょう。
※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。
公開日:

あわせて読みたい

あわせて読みたい

最終更新日: 2014-09-29 16:27:21.0
違反ランキングとして通報する

記事が公開されました!

記事をシェアしませんか?
あなたのお気に入りをみんなで共有しよう!