関連キーワード

  1. バックパッカーするならここ!おすすめの楽しい国10選
バックパッカーするならここ!おすすめの楽しい国10選

バックパッカーするならここ!おすすめの楽しい国10選

沢木耕太郎、猿岩石、ドロンズ、高橋歩・・・。バックパックひとつだけ持った海外の旅に憧れた人は多いはず♪ アメリカとかヨーロッパとかじゃなくてバックパッカーだからこそ行く、ちょっとマイナーで素晴らしい国を特集します!!

1位

ボリビア

出典:

バックパッカーの中でも羨望の的であるウユニ塩湖を要するボリビア。湖の下は、白い塩があり、薄く澄んだ水が張っている。それが空を鏡のように映し出していて、まるで空を飛んでいるみたいな不思議な感覚になる。

2位

インド

出典:

やっぱり旅をするならインド!!インドに足を踏み込んだ瞬間、湿っぽくて暑い空気に包まれ、空気はどことなく土臭い。そして、日本では触れることができない文化や習慣が向こうからドンドンやってくる!!人はウザイし、もう嫌だってなっても、何度でも行きたい!魅力あふれる国。

3位

イエメン

出典:

周りの国に違って、地下資源が貧しくて、アラビア半島の発展から取り残されている国。しかし、だからこそ、アラビアの文化が色濃く残っている。建物(特にサナアの旧市街)も素晴らしいし、ひともあったかい。ちなみに、イエメンの男性は腰にジャンビーアと呼ばれる刀を刺している。男性のシンボルであり、誇りのようなものらしい。

4位

チベット

出典:

国ではないけれども、文化圏ということで...。標高3000mの山岳地帯に住み、チベット仏教を信仰している。とにかく素朴なお国柄。厳しい環境に住みながらも、豊かな人間性を持っている国は多くの旅行者を魅了し続けている。

5位

エチオピア

出典:

エジプトからアフリカ大陸を南下していくと、ブラック・アフリカを感じるのがこの国!少数民族、部族、アニミズム。これまでユーラシア大陸を旅してきた旅行者はここで、大きなカルチャーショックを受けることになるだろう。

6位

パキスタン

出典:

今は危険な国として、外務省が立ち入りを禁止している。テレビで見ると、怖そうな、危なそうなイメージを持つかもしれないが、実際のパキスタン人はとても優しい。困っている人を見るとすぐに助けようとするし、なにかにつけて旅行者をもてなそうとしてくれる。北部のフンザは景観も素晴らしい。有名な沈没地の一つ。

7位

バングラディッシュ

出典:

最貧国のひとつであるバングラデシュ。失業率の高さから、みんなブラブラしている。相当暇なのか、旅行者歩いていると人がついてきて、道端でタバコを吸おうもんなら20から30人の人だかりができるだろう。また、北部には、バングラ版サドゥーの村がある。吟遊詩人として歌いながら旅をしている。

8位

トルコ

出典:

アジアの終わり、ヨーロッパの始まりなどとバックパッカーに言われているトルコ。商業の都イスタンブールは、サバサンド、ロカンタのご飯など美味しいものもたくさんある。アジア横断の終着点であり、これからヨーロッパ、アフリカ、中東に行く旅行者が集まっている。

9位

タイ

出典:

タイを旅の始まりの地に選ぶ人も多いと思う。タイにあるカオサン・ストリートはバックパッカーの聖地(?)と呼ばれ、多くの長期旅行者がいる。とはいえ、カオサンが観光地化されてきたことを嫌って、離れていく者も多いとか。

10位

日本

出典:

何十カ国旅した人でも、面白い国ベスト3に日本を挙げる人は多い。日本でもヒッチハイクをすると載せてくれる人もいるし、一人で旅をしていると意外な出会いがあったりする。海外を旅した締めに日本をまわるといいかもしれない。
※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。
公開日:

あわせて読みたい

あわせて読みたい

最終更新日: 2013-03-01 13:31:04.0
違反ランキングとして通報する

記事が公開されました!

記事をシェアしませんか?
あなたのお気に入りをみんなで共有しよう!