1. 一度は乗ってみたい!世界の豪華寝台列車おすすめランキング
一度は乗ってみたい!世界の豪華寝台列車おすすめランキング

gettyimages ロゴ

一度は乗ってみたい!世界の豪華寝台列車おすすめランキング

まるでホテルのように寛げる、豪華寝台列車。観光ツアーが含まれたクルーズトレインも多くあり、日本でも近年あたらしい列車が運行を始めています。極上のサービスで、贅沢な旅を楽しめる、世界の寝台列車を紹介します。

1位

ブルートレイン(南アフリカ)

南アフリカの首都プレトリア~ケープタウンまでの1600kmを走るラックスレール社のブルートレイン。ギネスブックに「世界一豪華な列車」として、のっています。
部屋にはテレビや国際電話などが常備され、浴槽付きの部屋まであります。
1泊2日の旅で、なんと130万~約300万します。
日本でも良く使用される、ブルートレインの名はこの列車からと言われています。

2位

ベニス・シンプロン・オリエント・エクスプレス                        (イタリア~イギリス)

ヴェニス→パリ→ロンドンを結ぶオリエント・エクスプレス。
数あるオリエント急行の中でも、アガサ・クリスティーのオリエント急行殺人事件の舞台となった、歴史のある豪華列車です。
3月~11月に運行しており、通常の列車旅行の他に、パーティ会場として貸し切ることも出来ます。
3種の食堂とバーがあり、24時間ルームサービスにも対応してくれる、いたせりつくせりの列車です。

3位

アル・アンダルス(スペイン)

元々は英国王室が避暑に向かうために作られた豪華列車で、優雅な気分を楽しめます。
南スペインの人気観光地を巡るクルーズトレインで、6泊7日で約45万~80万(食事・ドリンク・観光ツアー料金込み)です。
週に1度の開催となりセビリア発着が基本で、アルハンブラ宮殿など世界遺産観光をはじめ、シェリー酒の醸造工場の見学など、ツアーはバリエーション豊富に楽しめます。
少し安い、4日間のコースなどもあります。

4位

マハラジャ・エクスプレス(インド)

マハラジャは王様の意味があり、まさに王様気分を味わえる、鉄道大国インドが誇る超豪華列車になっています。
約40万~260万で、3泊4日と7泊8日の5種類のツアーが用意されています。
車両ごとに専属バトラーがおり、優良なサービスが受けられます。
車内での飲食はフリーで、全てのキャビンにバス・トイレが完備されており、IT大国らしく無料WiFiや衛生通信のテレビなども付いています。
なんと言ってもすごいのが、1番豪華なプレジデンシャルスイートキャビンです。
ひとつの車両を使っており、ベッドルームが2つもあり、リビングに専用ダイニングまでついています。

5位

トワイライト・エクスプレス瑞風(日本)

まさに走るホテルの名に相応しい、日本の豪華列車・瑞風。
大阪・京都~下関を結ぶクルーズトレインです。
有名シェフや老舗料理長、一流アーティストが監修しており、至福の時間を過ごせます。
1 2 3 次へ
※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。
公開日:

あわせて読みたい

あわせて読みたい

最終更新日: 2017-08-27 22:01:05.0
違反ランキングとして通報する

記事が公開されました!

記事をシェアしませんか?
あなたのお気に入りをみんなで共有しよう!