1. 【精進レシピ】精進料理研究家がオススメ!夏太りをリセットできる食材&レシピベスト10
【精進レシピ】精進料理研究家がオススメ!夏太りをリセットできる食材&レシピベスト10

【精進レシピ】精進料理研究家がオススメ!夏太りをリセットできる食材&レシピベスト10

夜にはビールが最高、暑くてアイスクリームをつい食べてしまう。気づけばお腹がポコンとなっていませんか?増えてしまったものはしかたない。速攻リセットを心がけましょう。日常の食事にリセット食材を取り入れてメリハリをつければ、体はデドックスされていくものです。今回は、夏太りをリセットしたい時にオススメの食材&料理10選を紹介。好きなものを食べる食事、デドックスする食事のメリハリをつけて、残りの夏も楽しい食ライフを送ってくださいね!

1位

デドックススープ(調理時間:約10分)

煮ることで、生で食べるよりたくさんの野菜を食べることができます。さらに野菜の栄養素がまるごと溶け込んだスープはまさにデドックスに最適!とくにキャベツは食物繊維やビタミンCなどを豊富に含み、ビタミンU(キャベジン)は胃の消化を助けてくれます。
【材料】(2人分)
キャベツ 100g(2枚)<5mm角切り>
たまねぎ 1/2個(60g)<粗みじん切り>
にんじん 3cmくらい(40g)<5mm角切り>
ピーマン 1個(40g)<5mm角切り>
出汁 400cc<顆粒だし小さじ1、水400ccでもOK!>
塩 小さじ1/2
【作り方】
鍋に全ての材料を入れ、煮込んで完成!(中火5分)

2位

まるごと野菜スムージー(調理時間:約5分)

葉物野菜と果物をミキサーにかけてできる簡単デドックスドリンク!好きな野菜と果物を組み合わせてください。
【材料】(2人分)
小松菜 100g<一口幅に切る>
グレープフルーツ 1/2個<一口大に切る>
水 300cc
【作り方】
全ての材料を入れ、ミキサーにかけて完成!

3位

お寺のけんちん汁(調理時間:約10分)

出典:www.daiei.jp

精進料理発祥の汁物、けんちん汁の蒟蒻+豆腐+野菜の組み合わせはダイエットにぴったり!蒟蒻は腸に溜まった老廃物のお掃除をしてくれる食材。
【材料】(2人分)
胡麻油 小さじ2
[A]蒟蒻 50g<一口大にちぎる>
[A]人参 3cmくらい(30g)<薄くいちょう切り>
[A]大根 2cmくらい(50g)<薄くいちょう切り>
木綿豆腐 1/4丁(50g)<一口大にちぎる>
[B]出汁 300cc<顆粒だし小さじ1、水300ccでもOK!>
[B]塩 ひとつまみ(小さじ1/4)
[B]酒・醬油・みりん 各小さじ1
【作り方】
① 鍋に胡麻油を熱し、[A]を炒め、豆腐を一口大に崩しながらいれる
② [B]の出汁を加えて具材がやわらかくなるまで煮て完成!(中火5分)

4位

ヘルシーひじきの白和え(調理時間:約10分)

豆腐+海藻のヘルシーすぎる組み合わせはデドックスにぴったり!海藻は低カロリーで食物繊維も豊富!
【材料】(2人分)
絹豆腐 1/4丁(100g)<水気を切る>
すり白胡麻 大さじ1
砂糖・醬油 各小さじ1
芽ひじき(乾燥) 5g<水にもどして、さっと茹でる>
【作り方】
ボウルに材料を入れてよく和えて完成!

5位

たっぷりきのこ豆乳鍋(調理時間:約10分)

きのこは90%が水分!食物繊維が多く、低カロリー。豆乳は大豆を絞ったもの。煮すぎると豆乳が分離するので注意!
【材料】(2人分)
[A]出汁 300cc<顆粒だし小さじ1、水300ccでもOK!>
[A]味噌・練り胡麻 各大さじ1
[A]醬油 小さじ1
[A]すりおろしにんにく 小さじ1/2
キャベツ 1/4個(200g)<一口大に切る>
しめじ 1/2パック(80g)
調整豆乳 150cc
【作り方】
① 鍋に[A]を入れて煮立て、野菜類を入れ煮込む。
② 全体がしんなりと煮えたら調整豆乳を加え、ひと煮立ちさせて完成!

6位

腸のお掃除!炒りおから(調理時間:約10分)

おからは、大豆を絞った時の豆乳の絞りかす。食物繊維のかたまりです。かつ、不溶性の食物繊維は溶けずに腸まで届くので、腸のお掃除に最適ですよ!
【材料】(2人分)
油 小さじ1
干し椎茸 2枚<水に戻してみじん切り>
にんじん 3cmくらい(30g)<薄くいちょう切り>
おから 100g
[A]砂糖・醬油・みりん 各小さじ2
[A]椎茸の戻し汁+出し汁 100cc
【作り方】
① 鍋に油を熱し、野菜を入れて炒める
② おからを加え、パラパラになるまで炒る(中火5分程)
③ [A]を入れて汁気がなくなるまで煮て完成!

7位

メインにもなる薬味豆腐(調理時間:約5分)

出典:

「畑の肉」とも呼ばれている大豆は、植物性脂肪を含むので腹持ち良し!この時期は薬味をたっぷりのっけて食べてみて。
【材料】(2人分)
木綿豆腐 1/2丁<200g)<豆腐の水切りをして一口大に切る>
万能ねぎ 1本(10g)<小口切り>
青大葉 6枚<みじん切り>
みょうが 2本<みじん切り>
白炒り胡麻 大さじ2
めんつゆ 大さじ1

8位

常備したい胡桃味噌(調理時間10分)

クルミの油はαリノレン酸。悪玉コレストロール値をさげる働きがあります。胡桃味噌は、胡瓜など野菜につけたり、おにぎりの具にしたり重宝しますよ。そのまま胡桃を食べる場合は1日40g(約7個)が目安。食べ過ぎは注意!
【材料】(2人分)
胡桃 40g<みじん切り>
胡麻油 大さじ1
長葱 1本(100g)< みじん切り>
[A]味噌 大さじ3
[A]みりん 大さじ2
[A]砂糖・醬油 各小さじ2
【作り方】
① フライパンに胡桃を入れ、乾煎りする(弱火2分程)
② ①に胡麻油と長葱を加え、葱がしんなりするまで炒める(弱火2分程)
③ [A]の調味料を混ぜたものを②に加え、汁気がなくなるまで煮詰めて完成!(弱火5分程)

9位

枝豆ご飯(調理時間5分)

大豆の未熟なものが枝豆。ビタミンB群、カルシウム、カリウム、食物繊維など含んでいます。おつまみにも迷ったら枝豆を選択してみは?
【材料】(2人分)
塩 ひとつまみ(小さじ1/4)
冷凍枝豆 10房くらい(30g)<解凍してさやから出しておく>
ご飯 お茶碗2杯分(250g)
【作り方】
枝豆に塩をまぶし、温かいご飯とさっくり混ぜて完成!

10位

胃のリセット小豆粥(調理時間10分)

小豆に含まれるビタミンB群は、糖質や脂質の分解を助け、新陳代謝を促進させる効果があります。煮るとビタミンB群が溶けだしてしまうので、スープなど丸ごと食べられるものがオススメ。二日酔いや食べ過ぎた次の日は、胃に優しい小豆粥はベスト!
【材料】(2人分)
ご飯 お茶碗かるく1杯分(100g)
塩 ひとつまみ(小さじ1/4)
茹で小豆 大さじ3
【作り方】
耐熱容器に材料を全て入れ、ふんわりラップをかけ、電子レンジで加熱して完成!(600w6分)
1 2 次へ
※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。
公開日:

あわせて読みたい

最終更新日: 2014-08-25 07:54:48.0

記事が公開されました!

記事をシェアしませんか?
あなたのお気に入りをみんなで共有しよう!