1. U30!名バイプレイヤーで映画を彩る男優たちランキング
U30!名バイプレイヤーで映画を彩る男優たちランキング

U30!名バイプレイヤーで映画を彩る男優たちランキング

近年の映画界を盛り上げている若手・実力派男優たち。注目すべきは主役だけではありません!確かな演技力を持ち、これからの日本映画界を支えていくであろう U30の名バイプレイヤー男優たちを10人ご紹介します。

映画の主役を脇で支える、主役が出ていない場面での
映画の質をグッと上げる俳優のことを名バイプレイヤーといいます。 

特に、U30世代の若手俳優は「個性」と「実力」を兼ね備えた俳優たちがひしめいており、
これからの日本映画界を牽引していくのは誰か?というところは常に注目されています。

今回は、いかに良質な演技をして主役へとバトンを繋げているかというのを基準に、
U30世代の名バイプレイヤー男優たちをランキング形式でご紹介します。

1位

濱田岳(1998年生まれ、28歳)

出典:

9歳から子役として活躍し、学生時代に一旦は活動休止するも、
2004年のドラマ「3年B組金八先生」の出演をきっかけに芸能活動を再開した俳優・濱田岳
映画監督の中村義洋とタッグを組み、伊坂幸太郎作品で主演を務めることが多く、
代表作は映画「アヒルと鴨とコインロッカー」「ポテチ」「みなさん、さようなら」などです。

出典:

子役の頃から培ったしっかりした演技力があるので、脇役としても
映画「世界から猫が消えたなら」「グッドモーニングショー」など
幅広いジャンルの映画に出演しています。
「世界から猫が消えたなら」で濱田が演じたツタヤ役は不器用な友情を大切にし、
友人を失うという事実に取り乱すという物語の中でも大切な立ち位置を担っており、
濱田の名演に泣かされた方も多いのではないでしょうか?

出典:

グッドモーニングショー」では中井貴一などのベテラン俳優陣を相手に犯人役として
たった一人で対峙するも圧倒的な存在感、強い感情を込めて演じており、
濱田の独擅場と言っても過言ではない演技に圧倒されました。
2017年1月に公開予定の映画「本能寺ホテル」に森蘭丸役での出演も決まっていますので、
これからも濱田がどんな役を演じていくのか楽しみですね。

2位

染谷将太(1992年生まれ、24歳)

出典:

7歳から子役として活躍し、映画を中心にコンスタントに出演し続け、
近年では年3本以上は映画に出演するというハイペースで活躍し続けている俳優・染谷将太
ミニシアター系作品を中心に主演作が多いイメージの染谷ですが、
実は主演作は16本で残りの40本くらいは脇役としての出演です。

amazon

ヒミズ
染谷は「死んだ眼俳優」の先駆けともいえる存在で、不遇の役を独特の雰囲気
まとって演じることでも有名ですが、「年下の美少年」や「今時の若者」など
明るい役柄もこなすマルチプレイヤーです。
2012年に主演した映画「ヒミズ」では、ベルリン国際映画祭にて日本人初の快挙となる
マルチェロ・マストロヤンニ賞(最優秀新人俳優賞)を共演の二階堂ふみとともに受賞。

出典:

脇役としては映画「ALWAYS 三丁目の夕日‘64」「永遠の0」「バクマン。」などに出演。
「永遠の0」では、大石賢一郎を演じた染谷が、主役の宮部久蔵を演じた岡田准一の想いを
未来へ繋ぐという最も重要な役どころでしたが、
こちらの期待以上に素晴らしい演技を見せてくれました。

出典:

染谷の強みは、得意なジャンルがありながらもマルチプレイヤーとしてどんな役どころも
こなし、こちらの期待以上のものを毎回演じてくれるというところでしょうか。
奥様がハリウッド女優の菊池凛子ということや海外の映画祭でも受賞歴があり、
映画監督としても活動する俳優・染谷将太は日本のみならず世界からも注目されている
唯一無二の俳優です。

3位

柳楽優弥(1990年生まれ、26歳)

出典:

2004年初主演した是枝裕和監督の映画「誰も知らない」で第57回カンヌ映画祭男優賞
最年少で受賞し鮮烈な映画デビューを飾った俳優・柳楽優弥
若くしてカンヌ受賞してしまったため、10代後半はプレッシャーで不安定に陥った時期も
ありましたが、それを見事に乗り越え、今はどんな端役でも圧倒的な存在感を醸し出す
日本を代表する実力派俳優
となりました。

出典:

脇役としては映画「許されざる者」や「闇金ウシジマくん Part2」などに出演し、
台詞は少ないながらも異様なオーラを放ち、柳楽がスクリーンに映るたびに
他の若手俳優たちを食ってしまうほどの怪演を見せています。
2017年に公開予定の映画「銀魂」で土方十四郎役での出演も決まっており、
もはやベテラン俳優の域に達していますが、まだまだ若手の俳優・柳楽優弥の演技から
目が離せません!

4位

神木隆之介(1993年生まれ、23歳)

出典:

幼い頃に難病を患っており、母親が「生きている証を残したい。」という理由で
芸能界に入った異色の経歴を持つ俳優・神木隆之介
その透き通るような真っ白な肌と愛くるしい笑顔で老若男女問わず人気者となり、
多くのドラマや映画で主演をしており、23歳にしてすでにベテラン俳優の域に達している神木。

出典:

そんな神木の魅力は脇役でもいかんなく発揮され映画「SPEC」シリーズや
るろうに剣心 京都大火編/伝説の最期編」ではジョーカー的存在を演じ、
その完璧な隙のない演技は観客から絶賛されました。

出典:

2017年も映画「3月のライオン」「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」の
公開が決まっており、「神木が出るのだったら。」という理由で観に行く人たちも多いほど、
神木が映画の中にいるというだけでその映画の質を何倍にも増幅させてしまう
神木本人もジョーカー的立ち位置若手実力派俳優です。

5位

窪田正孝(1998年生まれ、28歳)

1 2 3 次へ
※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。
公開日:

あわせて読みたい

最終更新日: 2016-11-21 00:22:17.0
違反ランキングとして通報する

記事が公開されました!

記事をシェアしませんか?
あなたのお気に入りをみんなで共有しよう!