関連キーワード

  1. 【恐るべし!】知られざる蕎麦の物凄い健康効果のアレコレまとめ! 
【恐るべし!】知られざる蕎麦の物凄い健康効果のアレコレまとめ! 

pixta ロゴ

【恐るべし!】知られざる蕎麦の物凄い健康効果のアレコレまとめ! 

今回は夏と言えば蕎麦と言うぐらいに定番な食べ物ですが その恐るべき健康効果については余りよく知られていません。 そこで今回は知られざる蕎麦の物凄い健康効果を まとめてご紹介致します。

1位

ダイエットに非常に効果的!

蕎麦は基本炭水化物ですが、アミノ酸スコアが非常に高く、しかも良質なミネラルやビタミンを豊富に含むので、食べるだけで体の脂肪を燃焼させ易くなり、総じてダイエット効果が非常に高い食べ物です。

但し、食べ過ぎれば元も子も有りませんのでご注意下さい。

2位

蕎麦に含まれるルチンやカテキンが凄い!

ルチンというのはポリフェノールの一種でありまして、非常に高い抗酸化作用があり、毛細血管の強化や全体的な血流の改善、糖尿病や動脈硬化、心臓病などの生活習慣病の改善に、非常に効果が高いそうです。

また、蕎麦に含まれるカテキンには高い殺菌作用があり、強毒性の食中毒で有名なO157を殺す作用があり、その害を抑制し、食あたりなどを効果的に防いでくれます。

3位

蕎麦の有効成分のコリンが凄い!

蕎麦に含まれるコリンはビタミンの一種ですが、肝機能の強化は保全に非常に大きい効果があり、昔から「酒飲みは蕎麦を食べろ」と言われた様に、肝臓を患った人がある種、薬膳的に食べていたそうです。

また、尿中の塩分を効果的に排出する作用や、自律神経系の疾患の改善に効果的なアセチルコリンを作る原料でもあり、自律神経失調症などの予防効果も大きいと言われています。

4位

蕎麦の食物繊維はあらゆる食品の中で一番多い!

こちらも余り知られていない情報かも知れませんが、蕎麦に含まれる食物繊維は全ての食物の中で一番多いそうです。

無論、つなぎの小麦粉なども混じりますので、実際に口にはいる段階ではそうとも言い切れませんが、俗に言う二八そばなどは、そば粉8割が使われているので、便秘などのお通じの改善に、絶大な効果が有る事は間違い有りません。

また、蕎麦を習慣的に食べる人は、大腸がんに掛かる確率が、非常に低く成るそうです。

5位

抗酸化作用が凄い!

蕎麦には若返りのビタミンと言われるビタミンEが豊富に含まれていて、細胞が酸化するのを防ぎ、2位で紹介したルチンなどとの相互作用で、体全体の酸化を防ぐ効果が高いそうです。

つまり、美容目的で食べても全然変じゃない食べ物と言う事です。

6位

ビタミンB類が非常に豊富!

蕎麦にはビタミンB1やB2が非常に豊富で、このビタミンB1やB2はデンプンから糖に分解された後、体のエネルギーとして消費する際に大きな役割を果たすビタミン類として知られています。

このビタミンB1やB2が体内で不足すると、乳酸が生成されやすくなり、慢性的な疲れを感じたり、太りやすい体質に成ったりし易いそうです。

逆に蕎麦を習慣的に食べる様に心掛ければ、こういう負のサイクルになり難く、活動的で痩せ易い体質に成るそうです。

7位

体が吸収し易い良質なタンパク質を豊富に含む!

例えば蕎麦の乾麺100gに含まれるタンパク質の量は13.6gで、コレは同量の白米(タンパク質含有量6.8g)や乾麺うどん(タンパク質含有量8.9g)と比べてもかなり多く、穀類の中ではトップクラスだそうです。

また蕎麦にはα-アミノ酸のリジンという、タンパク質を体内に吸収する時に欠かせない成分が豊富に含まれ、白米やうどんに比べてタンパク質の吸収率が格段に高く、米で76%、小麦で46%なのに対し、蕎麦はなんと含まれるタンパク質の90%以上を吸収できてしまうそうです。

8位

消化酵素が豊富に含まれ、消化吸収が非常に良い!

7位でタンパク質の吸収率が良いと紹介致しましたが、蕎麦のデンプンにはジアスターゼ(デンプンを糖に変える消化酵素)という消化酵素が豊富に含まれ、蕎麦のデンプンは体内で速やかに糖に分解され、6位で紹介したビタミンB類の働きで直ぐに利用可能なエネルギー源に成ります。

また、蕎麦は水に溶けやすい性質を持っているので、夏バテで胃の調子が悪い人でも、胃がもたれたりしないそうです。

9位

高血圧を大きく改善する効果が有る!

蕎麦にはACE阻害物質という、ある意味では医師の処方する血圧降下剤と同じ効果を持つ成分が含まれ、高血圧を大きく改善する効果があると言われています。

蕎麦食を積極的に推奨するお医者様も居るぐらいで、その効果は保証付きだそうです。
※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。
公開日:

あわせて読みたい

最終更新日: 2017-07-15 01:47:48.0
違反ランキングとして通報する

記事が公開されました!

記事をシェアしませんか?
あなたのお気に入りをみんなで共有しよう!