関連キーワード

  1. YouTubeやニコニコ動画だけじゃない、無料の動画投稿サイト9選
YouTubeやニコニコ動画だけじゃない、無料の動画投稿サイト9選

gettyimages ロゴ

YouTubeやニコニコ動画だけじゃない、無料の動画投稿サイト9選

YouTubeやニコニコ動画をほぼ毎日のように利用する人は世界的にみてもとても多いことでしょう。しかし、世界にはこの二つ以外にも無料で動画が投稿、共有できるサイトがあります。動画を誰でも簡単にアップロード、視聴できるようになった現代ですから、多くのサイトについて知っておいて損はないと思いますよ。

1位

世界的な知名度、投稿者数も世界No.1「YouTube」

ようつべなんて愛称でも日本では呼ばれているますが、YouTubeを知らない人はもうほとんどいないんじゃないでしょうか?無料で誰でも投稿できて、無料で誰でも視聴ができるとあって、最近では企業がCMや商品PVなどの動画を自社サイトにUPする際にも、そのままYouTubeを張り付けていたりしますが、みなさんは利用されていますか?最近ではPS3やWii U、スマホ、タブレットなどからも見られるようになってさらにユーザー数が増えていることでしょう。
http://www.youtube.com/

2位

一気にいろんなサイトにUPしたいならここ「Veoh」

Veohはアメリカに拠点がある動画共有サイトです。Veohプレーヤーを利用すると、テレビ顔負けのフルスクリーン・高画質な映像を見ることができます。しかし、日本ではあまりいいイメージがないのも事実です。これは日本人や日本のアニメオタクの外国人が多く生息しているためでしょう。そういう場合は違法アップロードが行われている場合がありますが、Veohや共有したいサイトのアカウントを登録すると、VeohでUPした動画が自動的にほかの動画共有サイトにもUPされるという便利なサービスもあるので、賢く利用することをお勧めします。
http://www.veoh.com/

3位

中国の人気動画サイト、見易さNo.1「Youku」

中国の人気動画サイトであり、百度、土豆と並ぶYoukuは、きれいに整理された画面なので、動画がとっても探しやすく見やすいのが特徴です。アメリカなどの海外のドラマもピックアップして放送されているので、海外で見られない人にはとってもお勧めのサイトです。中国語なので、なんとなく分かる漢字を読んでみていけば、日本人にはわりと敷居が低いかもしれません。
http://www.youku.com/

4位

みんながコメントをすぐ流せる「ニコニコ動画」

amazon

niconico
ニコニコ動画は、日本ではYouTubeに続く人気動画サイトです。最近は生放送のサービスを行われ、政治の世界からの注目度も高く、幅広い年齢層から支持されていますが、ニコニコ動画の特徴といえば、動画に合わせて、誰でもすぐにコメントを書き込めるということでしょうか?しかも、コメントは動画の上を右から左に流れるという、ちょっと独特なUP方法ですよね。ニコニコ動画発祥のネット流行語も多く、今ではネット住民には欠かせないサイトとなりましたね。
http://www.nicovideo.jp/

5位

中国のメガ動画投稿サイト「Tudou」

Tudouは、中国人なら誰もが知っている動画サイトです。中国はニコニコ動画やYouTube、Facebookなど世界的に有名なサイトでも観覧することができないようになっているので、独自のサービスが発展しています。このTudouもそんな独自のネット環境を持つ中国で生まれたサイトです。土に豆と書いて、ジャガイモのことを指します。中国屈指の検索サイト百度と肩を並べる人気サイトで、うまく探せば、海外の動画も見つけることができます。
http://www.tudou.com/

6位

ニコニコ動画のパクリだけど、ウザくない「Saymove」

ニコニコ動画はメガヒットをしたばかりに、荒らしが多いのが難点でもあります。荒らしの人たちは色を変えたりして、動画を見にくくしたり、ほかのユーザーが反応してそれをたたくなど、動画本編と関係ないところで、コメントのやり取りが行われると、あまり面白いものではありませんよね。しかし、ニコニコ動画形式に慣れると、コメントが流れないのが、寂しくて味気ないものになります。そんな時に、このSaymoveのコメントが流れる形式のサービスはおすすめです。純粋に動画をみんなで楽しみたい時は、こちらのサイトもチェックしてみてください。
http://say-move.org/

7位

フランスからのノミネート「Dailymotion」

Dailymotionはフランスに拠点を置く動画共有サイトです。実はかなり古いサイトでもあり、YouTubeと同時期の2005年で、Dailymotionの方が一か月早くサービスを開始していたと言われています。数多くの動画がUPされており、容量も大きめのために、著作権問題が後を絶たず、最近は、ほかの大手動画サイトと同様に、著作権侵害の申し出があった場合には、自動削除できるソフトの導入がなされています。しかし、ポルノに関しては他よりも寛容なため、少し荒れているところもあります。
http://www.dailymotion.com/jp

8位

4か国語対応の韓国の動画サイト「Pandora」

英語、日本語、中国語、韓国語と4か国語対応で運営されている韓国に拠点を置く、韓国版YouTubeです。Pandoraでの著作権問題も韓国で勃発しましたが解決されており、日本で有名な『NARUTO -ナルト-』・『攻殻機動隊』・『BLEACH』などのアニメ作品も、著作権者の許可を得て放映しています。しかし、まだまだ違法なアップデートは相次いでいて、24時間体制での攻防戦が続いているようです。韓国語を勉強したい人はぜひ活用してみるといいでしょう。韓国のケーブルテレビなども配信されているので、教材がわりにできますよ。
http://jp.pandora.tv/

9位

表ではマイナーな寄生虫動画サイト「ひまわり動画」

非公式ではあるが、ネット上では寄生型動画投稿サイトと呼ばれるひまわり動画。どういうことかというと、YouTube、Dailymotion、Veohなどの動画上にコメントが流れない系の動画共有サイトを中心に多くの動画を取得しており、そこにニコニコ動画のようなコメントを右から左に流すスタイルをとっています。他サイトから動画を持ってきちゃうことから、寄生型とよばれているわけです。
http://himado.in/

10位

かなりYouTubeをライバル視していた「Megavideo」

過去にはキャッチコピーが打倒YouTubeであったり、サイトの上記に、YouTubeではなくMegavideoを使う10の理由、なんていうあからさまな敵対視が見られました。Megavideoは香港に拠点を置く海外のサイトであり、世界的にも多言語に対応していたことからユーザーがいましたが、2012年1月にFBIによって、著作権侵害で逮捕を受けて、サイト自体が閉鎖されています。おすすめということではないですが、存在を知っておくと動画共有サイトについて、さらに詳しくなれると思ったので加えました。
http://www.megavidmovie.net/
※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。
公開日:

あわせて読みたい

あわせて読みたい

最終更新日: 2014-02-24 15:49:29.0
違反ランキングとして通報する

記事が公開されました!

記事をシェアしませんか?
あなたのお気に入りをみんなで共有しよう!