関連キーワード

  1. 栄養もバッチリで低カロリー!20カロリー以下でダイエットに役立つ野菜 TOP5
栄養もバッチリで低カロリー!20カロリー以下でダイエットに役立つ野菜 TOP5

gettyimages ロゴ

栄養もバッチリで低カロリー!20カロリー以下でダイエットに役立つ野菜 TOP5

カロリー制限だけがダイエットではありませんが、今回は、100gあたり20カロリー以下と低カロリーなうえ、栄養価の高い野菜を5種類を紹介。さらに、カロリーを気にせずにモリモリ食べられる調理法などを解説します!

1位

キャベツは夕食前がオススメ!

キャベツには、たくさんのビタミンCとK、そして、食物繊維が含まれています。

特に、生のキャベツを食べることで満腹感が得られ、総摂取カロリーを抑えることができたり、ビタミンの効果で脂肪を燃焼しやすいカラダになるメリットがあります。この場合、ドレッシングにも気を付けるのがポイントで、良質のオイル&塩、ポン酢などが良いでしょう。

さらに、ダイエット効果をアップさせたい場合は、夕食のカロリーや量を控えるのが効率的なので、生のキャベツを夕食前に食べるとより◎。1玉の1/6程度食べることで血糖値の上昇が抑えられるのも、ダイエットには効果的です。

2位

低カロリー高タンパク質なマッシュルーム

マッシュルームは低カロリーで高タンパク質なので、ダイエッターには嬉しい野菜の一つです。また、脂質の代謝を促すビタミンB2や、むくみや冷え解消に役立つナイアシンも豊富です。

マッシュルームは熱を通すと美味しくなり、他の食材との相性も良いのが魅力です。例えば、マッシュルームとほうれん草で作るオムレツ、マッシュルームや他のキノコを混ぜたクラムチャウダーなどがオススメ。

1日1食をマッシュルーム料理にするとダイエットに役立つと言われているので、是非お試しを!

3位

抗酸化パワーのトマト!

トマトに含まれる魅力的な成分の一つが、抗酸化作用や肥満を防止する働きのあるリコピン。

このリコピンは、熱を通すことで吸収率がよりアップするといわれているので、生で食べるより調理したほうが◎。焼いたり、他の食材と炒めたりすると良いでしょう。

また、トマト缶やトマトジュースを上手に活用するのもオススメ。スープやソースとして使えるので便利ですよ!

4位

美容にも効果的なアスパラガス!

アスパラガスの主成分でアミノ酸の一種であるアスパラギン酸には、新陳代謝をアップさせる、タンパク質合成を高める、疲労回復効果などがあります。

また、アスパラガスはカロチン、ビタミンE、ビタミンCを同時に摂取することが出来るため、老化防止といった美容にも効果が期待できます。

アスパラガスは新鮮なものを選び、蒸す&焼いた状態に塩をかけて食べるのがベスト。こうすることで、ほぼ0カロリーで食べることができます。

5位

夏にオススメのキュウリ!

これからが旬のキュウリには、余分な塩分を排出しむくみを解消するカリウム、脂肪を分解する酵素ホスホリパーゼ、抗酸化作用を含むフィトケミカル等の働きが期待できます。

以上の効果を得るためには、1日に1〜2本のキュウリを食べるのが◎。キュウリをそのまま食べるのもOKですが、すりおろして食べたほうが効率よく摂取することができるでしょう。

すりおろしたキュウリをドレッシングやソースに混ぜて、豆腐や納豆と合えるといったアレンジがオススメですが、この際、熱を加えないことがポイントです!

まとめ

今回紹介した野菜は、いずれも低カロリーなのでモリモリ食べられるのが嬉しい点です! しかも、栄養価が高く、ダイエット&美容にも役立つので、積極的に取り入れてみてください。
※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。
公開日:

あわせて読みたい

最終更新日: 2016-04-18 13:09:31.0

記事が公開されました!

記事をシェアしませんか?
あなたのお気に入りをみんなで共有しよう!