関連キーワード

  1. 朝食を食べて痩せる!ダイエットにオススメ朝食メニューTOP5!
朝食を食べて痩せる!ダイエットにオススメ朝食メニューTOP5!

gettyimages ロゴ

朝食を食べて痩せる!ダイエットにオススメ朝食メニューTOP5!

朝食を食べる人と抜く人とを比較すると、朝食抜きの人のほうが太りやすいと言われています!  そこで今回は、効果的なダイエットに役立つ、食べて痩せられる朝食メニューを紹介していきます。

1位

バランスに優れた「和食」

朝食を食べる大きなメリットは、体温を上げて代謝をアップさせること。そのためには、栄養バランを考えたうえで、ヘルシーな食べ物を組み合わせることが大事です。

その点、和食は炭水化物のお米、魚や納豆などのタンパク質、野菜などのビタミン類というように、バランスに優れているのが特徴。

さらに、洋食と比べるとバターなどを使わない分カロリーも抑えられ、とてもヘルシーなのがダイエットに嬉しい点です。

2位

果物たっぷり「シリアルボウル」

朝食が大事だと分かってはいるものの、「バタバタと忙しく作る時間がない!」という人が多いのも事実。

そんな忙しい朝でも、手早く用意できて栄養バランスもいいのが果物たっぷりの「シリアルボウル」です。シリアル(できれば砂糖不使用)、ヨーグルト、果物数種類を組み合わせれば満腹感もアップ。

さらに、果物の水分や酵素は老廃物を排出させる働きがあるため、便秘解消にも役立ちます。

3位

腸活にも!「ヨーグルトきなこ」

出典:cookpad.com

朝食を食べることで腸が活発に働き、蠕動運動が始まって排便をスムーズにしてくれます。

ヨーグルトに含まれ乳酸菌はオリゴ糖と一緒に摂ると、より腸内環境が改善されると言われているので、朝食にヨーグルトを取り入れ、そこに食物繊維豊富なきなこ、そして、オリゴ糖たっぷりの果物を組み合わせると腸活に効果的です。

腸内環境が良好であれば血流もスムーズになるので、自然に痩せやすい体質になれます!

4位

パンには卵とサラダをプラス!

パン好きの方は、卵やサラダをプラスすることがポイント! 菓子パン×コーヒーといった組み合わせはNGです!! 

パンの種類は、できれば全粒粉、ライ麦、米粉等の精製されていないものを選びましょう。避けたいのは、揚げ物系、デニッシュ系、チョコやクリームの入った甘いパンや、マヨネーズを多く使ったものなど。

さらに、トランス脂肪酸が気になるマーガリンは控え、良質の牛乳から作られたバターやオリーブオイルなどを活用しましょう。

5位

コンビニも賢く活用!

コンビニを活用する場合は、品数を複数にすることが大事です。

パンだけ、おにぎりだけ、といった単品食べにならないように、お味噌汁、ゆで卵、野菜ジュース、ヨーグルトを添えるようにしましょう。

また、朝食のカロリーは400〜500kcalを目安にすることも覚えておきましょう。

最後に

朝食をバランスよく食べることは、代謝アップや便秘解消効果だけでなく、昼食のドカ食いやカロリーオーバーを防ぐことにもつながり、痩せやすい体質につながりますよ!
※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。
公開日:

あわせて読みたい

最終更新日: 2016-05-17 16:19:55.0

記事が公開されました!

記事をシェアしませんか?
あなたのお気に入りをみんなで共有しよう!