関連キーワード

  1. 日本のハーブ『春の七草』を食べて、胃を元気に!『七草』の説明とレシピ紹介!!
日本のハーブ『春の七草』を食べて、胃を元気に!『七草』の説明とレシピ紹介!!

pixta ロゴ

日本のハーブ『春の七草』を食べて、胃を元気に!『七草』の説明とレシピ紹介!!

お正月が過ぎたら『七草粥(ななくさがゆ)』。毎年1月7日は『七草粥の日』とされています。古くから続いている、日本の文化に根付いているこの風習ですが、詳しい意味を知る方は(筆者を含め)あまりいないように思います。そこで今回は、「七草」にまつわるお話、我が家流「七草」アレンジレシピについて、ご紹介して行きたいと思います!

春の七草

pixta

春の七草

『七草』ってなに?

春の七草は、セリナズナゴギョウ(ハハコグサ)ハコベラ(ハコベ)ホトケノザ (コオニタビラコ)スズナ(カブ)スズシロ(ダイコン)
「日本のハーブ」とも言われています。
「秋の七草」もありますが、こちらは主に鑑賞用だそうです。

なぜ、1月7日に『七草粥』を食べる?

1月7日は、五節句の一つ「人日(じんじつ)の節句※ 」といって、この日に「春の七草」を使った『七草粥』を作って食べて、一年の無病息災と五穀豊穣を祈るとされる風習が、江戸時代から続いているそうです。
※「人日(じんじつ)の節句」・・・
「人日」は、「人の日」で、元日からそれぞれの日に獣畜を当てはめて占う風習が中国にあり、七日目が「人」で、その日を人を大切にする節句にしたとも言われ、中国の風習に日本の風習が結びついたとも言われています。

各草の名称とその効能など

1位

セリ(芹)

セリ科

【効用】
食欲増進、貧血予防、更年期障害予防等

お浸しや、鍋物などにも使われます。

2位

ナズナ(薺)

アブラナ科
別名「ペンペングサ」・「シャミセングサ」・「バチグサ」など。

【効用】解熱、尿の出をよくする等

3位

オ(ゴ)ギョウ (御行/御形)

キク科
オギョウは、ハハコグサ(母子草)のこと。

【効用】せき、のどの痛みを和らげる等

4位

ハコベラ(繁縷)

ナデシコ科
タンパク質が比較的多く含まれ、ミネラルそのほかの栄養に富んでいるため、民間では古くから薬草として親しまれているそうです。

【効用】 整胃・整腸作用、母乳の分泌の促進、歯痛等

5位

ホトケノザ(仏の座)

別名コオニタビラコ(小鬼田平子)。

【効用】 高血圧予防等

現在、食用にされているのは、キク科で黄色い花をつけるコオニタビラコ(小鬼田平子)。シソ科で紫紅色の花を付けるホトケノザは、無毒ではありますが、マズくて、食用にはならないそうです(;´Д`)

6位

スズナ(鈴菜/菘)

アブラナ科
カブ(蕪)のこと。

【効用】
ジアスターゼ(胃腸の働きを助け消化不良を解消したり、胃酸をコントロールして胃もたれや胸やけを防止する働きがある)が、消化を促進。

7位

スズシロ(蘿蔔)

アブラナ科
ダイコン(大根)のこと。

スズナと同じ効用があるそうです!
1 2 次へ
※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。
公開日:

あわせて読みたい

あわせて読みたい

最終更新日: 2017-01-06 12:08:20.0
違反ランキングとして通報する

記事が公開されました!

記事をシェアしませんか?
あなたのお気に入りをみんなで共有しよう!