【重要】「ランキングシェア」サービス終了のお知らせ

関連キーワード

  1. カラーボックスDIYでお部屋をオシャレにするコツ ベスト10
カラーボックスDIYでお部屋をオシャレにするコツ ベスト10

pixta ロゴ

カラーボックスDIYでお部屋をオシャレにするコツ ベスト10

古びたカラーボックスが家にありました。でも捨てるのはもったいない!そんなときにDIYにであいました。ペンキを塗ったりのこぎりで木材を切ったり、今では趣味になりつつあります。そんな私がオススメのリメイク方法を紹介します。

1位

カーテンをつける

見せられない収納ってありますよね。そんなときは目隠しをしちゃいましょう。簡単なのは、つっぱり棒にカーテンを取り付けるこの方法。カフェカーテンという小さなカーテンが100均で販売されているのを見かけました(つっぱり棒もあります)

2位

インテリアとして見せる収納

背面に英字の新聞を敷き、靴を見せる収納に。フェイクグリーンをあしらってナチュラルにするのもよし。背面には新聞でなくても、レースの布や木目調の壁紙でもいいと思います。また、見せる収納は本や置物なんかでも可愛いですね。

3位

ステッカーや木材で一工夫

扉のついているカラーボックスが販売されています。そのまま使うのも◎ですが、部屋のテイストに合わせて木製のアルファベット(好みの色にペイントや好みのステッカーを張るなどひと手間かければさらにオシャレな収納に変わります。

4位

天板をくっつける

ここからはDIYです。のこぎりやペンキ等使います。こちらはカラーボックスを2つ並べて上に天板になる木を乗せたものです。好みによってカラーボックスや天板の色を変えてみましょう。フックもつければ収納が一つ増えますね。

5位

扉をつける

カラーボックスのサイズに合わせて木材をカットし、ペンキを塗り、蝶番でつけます。取っ手は100均にもあります。簡単に書きましたが根気のいる作業です。木材は細かいヤスリで地道にゴシゴシするとツルツルのピカピカになりますよ!

6位

扉をつける②

細長い木材を切って合わせたタイプです。なかなか難しいので、一枚の木材に木目調の壁紙を張り付ける方法でもそれっぽく見えるし簡単なのでいいかなと思います。もしくは、扉つきのカラーボックスに薄い木材を張り付ける方法でもいいと思います。

7位

ペンキでさまがわり

何色か重ねてペンキを塗り、ヤスリで削って下の色を出してやればアンティーク風に様変わりします。色のバランスをみてゴシゴシ削ってください。
扉に網をタッカーでつけたり、ガラス風にするシートを使用して窓風にすることもできます。

8位

黒板塗料をつかう

じわじわ人気がでてきている黒板塗料。カフェ風のインテリアになります。でも塗料って使い切れなかったりするんですよね…。黒の画用紙や100均の黒ペンキでもそれっぽくはなるので、もったいないなぁという方は試してみてはいかがでしょうか。

9位

キッチンカウンターをつくる

カラーボックスを並べて、天板、背に木材をくっつけます。黒板塗料を使い、黒板にしてmenuを書くのも可愛いです。縦長の木材を並べてペンキで白くすれば爽やかなキッチンカウンターになります。天板にタイルを敷き詰めるのも◎

10位

マガジンラックをつくる

賃貸では壁に穴を開けて…というのは難しいですが、カラーボックスになら躊躇はありません(笑)。DIYしたキッチンカウンターに、木材とアイアンバーを使ってマガジンラックをつくりましょう。100均でも揃う材料です。カウンターの横の部分にマガジンラックをつくってもいいですね。
※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。
公開日:

あわせて読みたい

あわせて読みたい

最終更新日: 2017-01-13 20:16:52.0
違反ランキングとして通報する

記事が公開されました!

記事をシェアしませんか?
あなたのお気に入りをみんなで共有しよう!