1. ミステリーの女王・アガサクリスティの名作おすすめランキング2
ミステリーの女王・アガサクリスティの名作おすすめランキング2

amazon ロゴ

ミステリーの女王・アガサクリスティの名作おすすめランキング2

ミステリーの女王の名に相応しく、数々の傑作を残したアガサクリスティー。そのトリックや設定など、現代のミステリーにも大きな影響を与えています。個性的な名探偵たちや、奇想天外なトリックなど、クリスティの名作を紹介します。

1位

五匹の子豚

amazon

五匹の子豚 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

amazon

名探偵ポワロDVDコレクション 50号 (五匹の子豚) [分冊百科] (DVD付)
ポワロシリーズの中では知名度が高い方ではありませんが、ファンの評価は非常に高い傑作で、是非読んで欲しい作品のひとつ。
証言をもとに、16年前の事件の真相にポワロが迫ります。ラストの展開に驚きます。

2位

アクロイド殺し

amazon

アクロイド殺し (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)
クリスティがベストセラー作家の仲間入りを果たした記念すべき作品で、ミステリーファンの中でフェアかアンフェアかで大論争を巻き起こした衝撃作品。
レビューなど読まず、先入観なしで読んで欲しい作品です。

3位

カーテン

amazon

カーテン(クリスティー文庫)
死後出版の契約を結び、執筆から30年経ってから発表された、異色の経歴をもつ作品。結果クリスティの死の前に許可がおり出版されました。
スタイルズ荘を舞台にした、ポワロ最後の事件として、人気の作品です。

amazon

スリーピング・マーダー (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)
カーテンと同時期に執筆され、同じく死後出版の契約を結び、クリスティの死後に発表されたスリーピング・マーダー。
こちらはミス・マープルシリーズ最後の作品です。

amazon

運命の裏木戸 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)
ちなみに運命の裏木戸が、クリスティが最後に執筆した作品になっています。

4位

ナイルに死す

amazon

ナイルに死す (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)
ポワロシリーズの中で、知名度・人気ともに高いクローズドサークルミステリーの傑作です。
エジプトで船上を舞台にした作品で、この作品ではポワロの相棒はヘイスティングではなく、レイス大佐が務めます。

5位

春にして君を離れ

クリスティがメアリ・ウェストマコットの名で発表した作品のひとつ。クリスティ作品では異色の物語で、殺人事件は起こりませんが、非常に怖いと思える作品です。

amazon

春にして君を離れ (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)
一人の女性が自分の人生を振り返る、クリスティらしい心理描写が素晴らしい作品です。
ミステリーでないからと敬遠せずに、ぜひ読んで欲しい作品です。

6位

ABC殺人事件

amazon

ABC殺人事件 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)
クリスティを代表する作品のひとつABC殺人事件。
名前は知っているけれど読んだことが無いと言う人も多いのでは。クリスティ作品を読むなら外せない1冊です。

7位

葬儀を終えて

amazon

葬儀を終えて (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)
ポワロシリーズの傑作のひとつ。
だって、リチャードは殺されたんでしょう?の一言から始まった事件。とにかくミスリードや伏線が沢山ちりばめられており、謎解きを楽しめる作品になっています。

8位

火曜クラブ

amazon

火曜クラブ (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)
1 2 次へ
※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。
公開日:

あわせて読みたい

あわせて読みたい

最終更新日: 2017-08-14 12:25:38.0
違反ランキングとして通報する

記事が公開されました!

記事をシェアしませんか?
あなたのお気に入りをみんなで共有しよう!