関連キーワード

  1. カラダが硬い人でもできる!ダイエット効果抜群のストレッチ5選
カラダが硬い人でもできる!ダイエット効果抜群のストレッチ5選

カラダが硬い人でもできる!ダイエット効果抜群のストレッチ5選

今から頑張れば、夏までに引き締まったカラダになれるストレッチをご紹介! カラダが硬くても心配なし、お手軽だけど効果抜群のストレッチ5つを早速始めてみましょう。

1位

肩甲骨ストレッチで痩せスイッチON!

肩甲骨周りには褐色脂肪細胞があり、この細胞を刺激することで、体温や代謝がアップし、脂肪燃焼を促す効果が期待できます。

四つ這いになり、みぞおちを天井に押し上げ(猫が怒った時をイメージ)、背中にアーチを作ると、肩甲骨が開くことで褐色脂肪細胞が刺激されます。

この状態で呼吸をゆっくり5回程度繰り返しましょう。

2位

背骨ストレッチで代謝アップ

背骨周りにあるインナーマッスルを刺激しストレッチすることで、血液の巡りがよくなり、全身の代謝アップに効果的です。

正座の状態から両手を床につき、徐々に手を前に歩かせて、最終的には顎と胸を床に付けながら、お尻を斜め上に突き上げるようにします。

この状態で呼吸をゆっくり5回程度繰り返します。

3位

体幹ストレッチでバランス調整!

体幹が鍛えられると代謝が良くなり、日常生活を送るだけでもエネルギー消費が高い、痩せやすい体質となります。

また、バランス感覚もアップするので、怪我やトラブルのない体へと導きます。

四つ這いになり、お腹を引き上げるように意識し、右脚をスッと引いて背骨の延長戦上に伸ばしたら、左手を頭上に伸ばします。指先と足先で引き合うようにバランスを取るのがポイント。

この状態で呼吸をゆっくり5回繰り返します(*反対側も同様に)。

4位

股関節ストレッチで下半身トラブル解消!

股関節には太りリンパがあり、この部分が詰まって硬くなると、下半身のトラブル(垂れ尻、骨盤の歪み、むくみ、冷え等)が起こりがちです。

片方の脚を伸ばして座り、もう片方の脚の膝を曲げ、胸の前で両手で抱えます。この時、膝から下と床が水平になるようにすることがポイント!

脚を両手で抱えた状態で左右に10回程度振り、股関節を柔軟にしていきます。反対側も同様に。

5位

脚ストレッチでむくみ&冷え予防!

脚の裏側全体をストレッチすることで、血液やリンパの巡りがよくなり、特に女性に多くみられる、むくみ&冷えの予防や対策に効果的です。

立ち&座り仕事で長時間同じ体勢でいる人などは、特にむくみ&冷えに悩みがちなので、お風呂上りなど体が温まった状態で行うとより◎です。

片方の脚を伸ばして座り、もう片方のかかとを手で持って、横に開きながら膝を伸ばして、脚全体のストレッチを感じるようにします。(*脚を上げる高さや開き具合は、個人の柔軟性によって調整してOK) 反対側も同様に。

この状態で呼吸をゆっくり5回程度繰り返します。

まとめ

ストレッチで筋肉や関節周りの可動域が広くなることで、代謝が上がり、エネルギー消費の高い痩せやすい体質に近づきます。夏になって慌てないためにも、今から是非始めてみましょう!
※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。
公開日:

あわせて読みたい

最終更新日: 2017-05-17 21:15:30.0

記事が公開されました!

記事をシェアしませんか?
あなたのお気に入りをみんなで共有しよう!