関連キーワード

  1. 【福岡都市圏】天気のいい休日は、ランチドライブへレッツゴー!10選
【福岡都市圏】天気のいい休日は、ランチドライブへレッツゴー!10選

【福岡都市圏】天気のいい休日は、ランチドライブへレッツゴー!10選

天気のいい休日に、朝からドライブ。昼にはそこでしか食べられないご当地グルメランチを食べて、午後はあちこち寄り道しながらのんびり福岡へ帰る。いい休日じゃないですか。 ということで、福岡の都心部から車で2~3時間で行ける程度の範囲内でおススメのご当地グルメや名産を集めてみました。

1位

阿蘇あか牛バーガー

出典:

阿蘇の広大な草原で放牧飼育され、きれいな水と牧草で健やかに育つ阿蘇のあか牛。肉質は脂身が少なく、サシの入り具合が優劣を決める昨今のブランド牛肉とは一線を画します。
このあか牛のハンバーガーが旨い。お手軽でボリュームもあって、あか牛入門にぴったりです。
写真は「レストランロッソ」の阿蘇ダブルバーガー。パテはふわふわでジューシー、バンズも野菜も旨い。阿蘇産のケチャップとマスタードでオーソドックスな味付けですが、その分素材で勝負って感じです。

もちろんハンバーグも焼肉もステーキも丼も旨いです。ドライブルートとしても素晴らしい小国~阿蘇山近辺には、あか牛料理認定店もたくさんありますので、気分でどうぞ。

■参考:阿蘇あか牛肉料理認定店MAP
http://www.pref.kumamoto.jp/uploaded/attachment/79167.pdf
http://www.pref.kumamoto.jp/uploaded/attachment/79168.pdf

2位

唐戸市場の寿司

出典:

下関の鮮魚市場なのですが、週末には様相が一変します。市場は一般客に開放され、場内の魚屋の店先にズラリと寿司が並ぶ様子は壮観で大変な賑わいです。人間の活力がみなぎる、ある意味パワースポット。

好きな店先で好きな寿司を自分でパックに詰めて会計してもらい、場内に用意された椅子とテーブルや屋外で好きに食う、というシステムです。寿司だけじゃなく、フグの味噌汁やフグ唐揚げとかもあります。

ネタが大きくて新鮮な寿司は食べ応え充分でコストパフォーマンスも優れているのですが、午後2時ごろになると残っている寿司が売り切り価格になり、さらに興奮のるつぼと化します。

午後は時間の都合にあわせて、下関水族館、海峡ゆめタワー、火の山などで遊んで帰りましょう。船で巌流島に渡る、なんてのもあります。

3位

道の駅松浦のぶり丼定食

出典:

長崎県の松浦市にある「道の駅松浦海のふるさと館」で食べられるぶり丼。歯ごたえぶりぶりの新鮮な切り身が丼からはみ出るぐらい乗って、味噌汁、香の物、デザートが付いて500円!うーん安い!

福岡から都市高速-西九州道-二丈浜玉道路-R202-R204と走って2時間~2.5時間程度かかるので、朝の出発はちょっと早めの時間になりますが、ルート周辺には鷹島、呼子、伊万里、唐津など立ち寄りスポットも多いです。

■食べログ:道の駅松浦海のふるさと館
http://tabelog.com/nagasaki/A4202/A420203/42005945/

4位

呼子でイカの活き造り

出典:

知名度はすでに全国区の、佐賀県唐津市呼子のイカ。呼子の漁港で水揚げされた玄界灘のイカは、新鮮なので活き造りにすると身が半透明の状態で出てきます。コリコリの歯ごたえと甘みが、関東などで食べるイカとはまったく別物!名物のイカしゅうまいも忘れずにどうぞ。

イカ専門店は、呼子の漁港周辺や加部島周辺などに点在しています。
萬坊やいか本家、いか道楽などが有名ですが、人気店ですので並ばないと入れないかも。
漁港や加部島の奥まった位置にある漁火やかべしまなどが比較的待ち時間は少ないと思います。

周辺には、波戸岬の海中展望塔や加部島の風のみえる丘公園、呼子の朝市や七ツ釜など立ち寄り・観光スポットも多数あります。

5位

シシリアンライス

出典:

佐賀駅前の一角でのみ出されていた、佐賀市民でもその存在を知らない人も多かったというホンモノのB級ご当地グルメ。昨今のご当地B級グルメブームで取扱い店舗も増え、認知度も上がってきているようです。

皿に盛ったライスの上にサラダと焼肉をのせて、マヨネーズタイプのソースをかけたものなんですが、これ普通にイケますよ。

■参考:佐賀市観光協会公式サイト:シシリアンライス
http://www.sagabai.com/main/26.html

周辺の観光・ドライブスポットとしては、佐賀城址、吉野ケ里遺跡、古湯温泉など。

6位

日田焼きそば

出典:

日田焼きそばの特長は、鉄板で全体を炒めるのではなく、片面にしっかり焼き目をつけること。具にはもやしを多く使うので、麺がパリッ、もやしがシャキッ、とした食感がおもしろい日田のご当地グルメです。
日田焼きそばが食べられる店は市内に多くあるので、まずは日田駅などでガイドマップを入手して情報収集しましょう。

日田市街には豆田町やサッポロビール園や日田温泉街などのスポットがありますが、もう少し足を延ばせば、天瀬温泉、鯛生金山、高塚地蔵尊など見どころはグッと広がります。

7位

阿蘇地鶏 らくだ山

出典:

あか牛が旨い阿蘇には、旨い地鶏を食べさせるお店もあちこちに点在しています。阿蘇の大自然で育った地鶏は、しっかりした噛みごたえと深い旨味が特徴です。
南阿蘇の高森にあるこの店では、囲炉裏で焼く地鶏の炭火焼き定食が食べられます。

■住所:熊本県阿蘇郡高森町大字高森2693
■電話:0967-62-0084
■食べログ:
http://tabelog.com/kumamoto/A4302/A430202/43000153/

高森まで行ったら、ぜひ南阿蘇の湧水群に立ち寄ってください。もっとも有名な白川水源の他にも、清冽な清水がこんこんと湧く水源が多数あります。おいしい水と森林浴効果で、身も心も癒されます。

8位

佐世保バーガー

出典:

佐世保市民は飲んだ〆にハンバーガーを食う、というのはどうやら都市伝説ではなく本当らしい。それぐらい佐世保市民の生活に溶け込んでいるハンバーガー。
市内には米海軍基地から端を発したアメリカンなハンバーガーショップが多数あります。それぞれ趣向を凝らしてあり、どこもボリュームもあって旨そう!
地元の人たちのお気に入りバーガーもそれぞれなので、自分の好みの一軒を探しましょう。

■参考:佐世保イベント観光情報
http://www.sasebo99.com/sight_sasebo/bgmap.shtml

福岡から佐世保へのアクセスには、太宰府ICから高速道路を使うルートと、西九州道-二丈浜玉-R202-国見道路ルートがあります。行きは高速でひと走り、帰りは国見道路で伊万里、唐津をドライブ、などいかがですか。

9位

柳川のうなぎせいろ蒸し

出典:

福岡県南部の柳川市は、北原白秋と水路の川下りが有名です。そんな水郷柳川はうなぎの名産地でもあり、ここでの一般的なうなぎの食べ方が「せいろ蒸し」です。うなぎの蒲焼と錦糸卵をごはんにのせてせいろで蒸したものですが、タレが染みたごはんが旨~い!

柳川にはうなぎ屋が多数ありますが、人気、味、場所のわかりやすさなどから、若松屋がおススメ。柳川観光の主役・川下りの船着き場のすぐ横にあります。せいろ蒸しはもちろん、うざく(うなぎときゅうりの酢の物)も絶品です。

■住所:福岡県柳川市大字沖端町26
■電話:0944-72-3163
■食べログ:http://tabelog.com/fukuoka/A4008/A400806/40000145/

10位

嬉野温泉湯豆腐

長崎県境に近い佐賀県にあり、古くから名湯として栄えた嬉野温泉。美人の湯としても名高いこの温泉水を使って湯豆腐を作ると、豆腐が湯に溶けてぼろぼろに崩れてしまいます。豆腐の成分が溶け出して白く濁った湯豆腐、これが嬉野名物の温泉湯豆腐です。

■参考:嬉野温泉観光協会
http://kankou.spa-u.net/spa.html?cate=6

昼ごはんのあとは嬉野温泉でくつろぐのも良いですが、隣の武雄にも武雄温泉や御船山などがありますし、有明海側の鹿島まで出れば有徳稲荷やタラバ蟹の産地の太良などがあります。ドライブルートの参考に。
※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。
公開日:

あわせて読みたい

あわせて読みたい

最終更新日: 2014-02-28 23:16:37.0
違反ランキングとして通報する

記事が公開されました!

記事をシェアしませんか?
あなたのお気に入りをみんなで共有しよう!