【重要】「ランキングシェア」サービス終了のお知らせ
  1. 【超高齢社会】認知症 徘徊の大切なご家族を守る「QR迷子タグ」がすごい!6つの理由
【超高齢社会】認知症 徘徊の大切なご家族を守る「QR迷子タグ」がすごい!6つの理由

gettyimages ロゴ

【超高齢社会】認知症 徘徊の大切なご家族を守る「QR迷子タグ」がすごい!6つの理由

認知症によって徘徊されるご家族を守りたいという方にオススメなのが「QR迷子タグ」です。商品名からもわかるように迷子になりやすいお子さんに使うこともできます。大切なご家族を守るQR迷子タグの特徴をご紹介します!

厚生労働省の発表によると、認知症を患う人の数が2025年には700万人を超え、65歳以上の高齢者の5人に1人が認知症に罹患する

出典:第1回 認知症を取り巻く社会と家族介護における問題点 | 認知症ねっと

認知症による徘徊が心配

今でも認知症の徘徊は社会問題となっていますが、8年後の2025年、75歳を超える後期高齢者がなんと推定800万人!それをお世話する子供たちが、今の40代。彼らがアラフィフになって高齢の親を世話しないといけないということになります。
就職氷河期経験世代で、ただでさえ年金があまり期待できない世代なのに、彼らが認知症になった親を介護するってどうやったらいいの!!??
2025年には、団塊の世代800万人が75歳を超え、後期高齢者となる。そしてその子供たち、いわゆる「団塊ジュニア」——就職氷河期に直面し、非正規雇用の割合が約20%に達する、今の40代——が、介護する側になる。

出典:認知症「1000万人」社会がやってくる!〜人類史上かつてない異常事態。残念ながら、もう手遅れです。(週刊現代) | 現代ビジネス | 講談社(1/5)

認知症患者が増えるということは、当然 介護者も増えるということ!彼らの最大の問題点は?

認知症は普通完治しない病気とされています。つまりいったん認知症になってしまうと、死ぬまで認知症です。「この状態はいつまで続くの?5年後、10年後、20年後?」終わりの見えないこの介護の不安が、家族や親族にとって大きな負担となります。
認知症患者を世話する家族が大変なのは、フルタイムで働けない!!
認知症患者をお世話する家族にとって大きな問題の一つは、介護をしながらなかなかフルタイムで働けないということ。特に認知症患者は、突然徘徊しだしたりして行方不明になってしまう危険があるからです。

迷子や徘徊の心配があるご家族を守ってくれるのにお勧めなのが「QR迷子タグ」!

そんな、ご家族を守りたい!という方にオススメのアイテムが「QR迷子タグ」です!
QR迷子タグの特徴を、オススメするポイントからみていきましょう。

大切なご家族を守る「QR迷子タグ」がお勧め6つの理由

出典:qr.sip55.co.jp

(許諾済み)

1位

認知症ご高齢者の徘徊対策用として使える!

徘徊している認知症の方にお名前や住所を聞いても答えられない場合が少なくありません。だからと言って子供たちが仕事もせず家にずっとい続けるなんて実際的に不可能でしょう。
そういうときにこそQR迷子タグが威力を発揮します。
QRコードを読み取れば、契約者にすぐに連絡がいくので、誰かに見つけてもらえさえすれば高確率で保護することができます。

また、QR迷子タグなら服やパジャマなどに熱転写シールを付けておくだけで良いのがポイントです。GPSや携帯電話は持っていくのを忘れることがありますが、認知症の方が徘徊するとき普通、服は脱ぎませんので、QRコードがついているだけで良いのがポイントです。

出典:qr.sip55.co.jp

(許諾済み)

2位

子供向けの迷子バンドとして使える

QR迷子タグ【イベントバンド】

QR迷子タグ【イベントバンド】

(許諾済み)
子供にQR迷子タグをつけておくと、迷子になったときに発見者によって装着されているQRタグを読み取ってS.I.Pに「保護連絡」が入ります。連絡を受けると、発見者と契約者との連絡を取り次いで無事に帰宅することができます。
お子さんとのお出かけにQRタグをつけておくと安心です!

3位

ペットの迷子用にも使える

QR迷子タグ【ペット用】

QR迷子タグ【ペット用】

(許諾済み)
QR迷子タグはペットの首輪につけても負担にならないサイズのものがあります。ですから、ペットの迷子にも対応できます。
タグは複数の迷子札を登録することができます。多頭飼いされている場合にはそれぞれの愛犬・愛猫の頭数分のQR迷子タグをつけておくと安心です。

1 2 次へ
※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。
公開日:

あわせて読みたい

あわせて読みたい

最終更新日: 2017-07-20 12:53:57.0
違反ランキングとして通報する

記事が公開されました!

記事をシェアしませんか?
あなたのお気に入りをみんなで共有しよう!