関連キーワード

  1. 【家に有るかも!】すぐに確認!価値の高い硬貨色々まとめランキング!
【家に有るかも!】すぐに確認!価値の高い硬貨色々まとめランキング!

pixta ロゴ

【家に有るかも!】すぐに確認!価値の高い硬貨色々まとめランキング!

今回はもしかすると今も家の中に転がっているかも知れないお宝 「価値の高い硬貨」の情報を色々まとめてランキングでご紹介したいと思います。 1枚なんと8000円もする硬貨が有るようです。

1位

1円硬貨

たかが1円、されど1円という事で有りまして、1円を軽んじる者は1円に泣く訳であります。

1円玉で1番価値が高いのは平成13年に発行された物だそうで、古銭屋さんでは並品が@50円で売られているそうです。

コレは現在の時価ですから、今後時代が進めば進むほど、価値は上がってゆく事に成ります。

その他「昭和64年・平成11年・平成12年・平成14年・平成16年」発行の1円玉は1枚辺り、@ 2~5円の価値があるといわれてます。

また、昭和43年の1円硬貨は存在しないそうです。

2位

5円硬貨

昔はご縁があるなどと言って、信心深いお年寄りなどが、1000円を5円玉に崩してたくさん入れ物に入れておいたり、お釣りの5円玉を良く取って置いたそうで有りまして、その方が亡くなって部屋を調べてみたら、大量の5円硬貨が見つかった、などと言う事も結構有ったそうであります。

さて、5円玉で一番価値が高いのは昭和32年に発行された物で、古銭屋さんでは1枚@400~500円で売られています。

完全未使用品場合は何と@15,000円の値段が付いているそうです。

その他、昭和24年~昭和33年に発行された物は平均で30~50円の価値が有るそうで、コレは古銭業界では「フデ5」と呼ばれるもので、「日本国」が「日本國」などと書かれていて、その他の文字も明朝体で書かれているそうです。

また、昭和29年~昭和31年の5円玉は発行されていないので、存在しないそうです。

3位

10円硬貨

10円玉は結構子供の頃に集めた方が多いのでは無いでしょうか?
筆者も子供の頃「ギザ10」と言って、10円玉の縁の部分にギザギザが入っている10円を集めていた事が有りましたが、その集めた10円玉はいつの間にか何処かに無くなってしまいました。。。(涙)

ネットで調べて見ると、このギザ10は総計で18億枚も発行されているそうで、並品は殆ど価値がないのだそうです。

しかし、完全未使用品のギザ10は珍しく「1枚辺り@1,000~5,000円の価値」があるそうです。

その他、昭和33年に発行されたギザ10は発行枚数が少ないので、並品でも1枚辺り@100~200円の価値があり、昭和32年に発行された物も20~30円ぐらいの価値が有るそうです。

また、昭和31年の10円玉は発行されていないので存在しません。

4位

50円硬貨

50円というと、筆者が子供の頃は色々な10円駄菓子がたくさん買えましたので、ある意味では下でご紹介する100円と共に、憧れの硬貨の1つでありました。

インベーダーゲームなどに代表されるアーケードゲームも、当時は1回50円でしたので、少し年上のお兄さん、お姉さんが、光る50円玉をジャラジャラさせているのを羨ましくて、指をくわえて見ていた物でした。

さて、余談が過ぎました。
50円玉は昭和62年に発行された物が一番少なく、並品で1枚なんと@8,000円ぐらいの価値が有るそうで、美品なら更に価値が高いそうです。

また平成12年に発行された50円玉も発行枚数が少ないので、並品1枚@80~100円の価値が有るそうです。

5位

100円硬貨

100円玉というのは昭和40年代の子供にとってはかなり金額で、100円を1枚持っていれば友達から「お金持ち」などと言われたものでした。

ホームランバーという10円アイスなら10本も買えますので、小学生の1ヶ月のお小遣いが100円なんて家庭も普通に有りましたね。

筆者は小学生低学年の頃は1ヶ月300円ぐらい貰っていたかな?
結構なお金持ちでありました(笑)

100円玉は日常生活でかなり使う硬貨なので発行枚数が多く、従って価値の有る物は少ないそうで、唯一価値が有るのが平成13年に発行された物で、並品1枚辺り@300円~700円で販売されています。

また昭和37年の100円玉は存在しないそうです。

6位

500円硬貨

この500円硬貨発行の騒動は筆者もよく覚えています。

当時、物珍しくて争うように銀行の窓口に並んで、500円札を500円玉と交換していた人がニュースに成っておりました。

筆者は当時中学生ぐらい(年がバレますが)でしたが、安っぽいこの500円玉が嫌いで、500円札を結構集めていた時期も有りましたね。

さて、500円玉は昭和62年に発行された並品の物が1000円程度の価値で、昭和天皇が崩御された昭和64年に発行された500円硬貨は、600~800円の価値が有るそうです。

7位

穴ズレ硬貨

ココからは主にエラーコインと呼ばれる物の価値についてご紹介したいと思います。

5円や50円には極々タマーに、穴がズレた物が見逃されてそのまま流通してしまう事が有るそうで、こういう硬貨を古銭業界では「穴ズレ硬貨」と言って、特に「穴が大きくズレたエラーコイン」はマニアが珍重するそうであります。

とは言っても、普通に古銭屋さんに持って行っても特定の発行年数以外は高値では引き取って貰えないそうで、良くて1枚@300円とかだそうです。

なので、一番良い方法としては大手ネットオークションなどに出品するのが、高値で捌くコツの様です。

もちろんそれなりのウンチクを並べて、うやうやしく記事にするのが吉でしょう。

8位

穴ナシ硬貨

35万9千円の値が付いた穴なしの50円玉

コチラも穴ズレ硬貨と同じく「穴が開いていない」事に価値が有る訳でありまして、特に昭和35年に発行された物は枚数が少なく、かなりのプレミア対象になっているそうです。

コチラもネットオークションに出品するのが良いでしょう。

http://free-notebook.jp/?p=2536

9位

影打ち硬貨

出典:

上記写真は25万5000円の値が付いた影打ち10円玉

影打ち硬貨というのは「両面が同じ刻印の硬貨」の事です。

製造時に一度プレスした硬貨の上に別の硬貨が重なり、再度プレスされることで出来るエラーだそうでありまして、ネットオークションなどに出品すれば、数十万以上の値が付くのは確実だそうであります。

http://free-notebook.jp/?p=2536
※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。
公開日:

あわせて読みたい

あわせて読みたい

最終更新日: 2017-01-30 20:56:45.0
違反ランキングとして通報する

記事が公開されました!

記事をシェアしませんか?
あなたのお気に入りをみんなで共有しよう!