1. ヒット商品研究家がガチで紹介本当はどれが良いの?抱っこひもランキング
アイエンジェル ヒップシートキャリア

ヒット商品研究家がガチで紹介本当はどれが良いの?抱っこひもランキング

様々なメーカーが抱っこひもを出しているけれど本当に使いやすくてベビーやママの足腰や肩に負担のかからない抱っこひもはどれ?使える時期が長いものは?雑誌の評価等に左右されず、筆者が実際に色々試して出したガチの結論はこれ
[更新日:

  • 1位

    アイエンジェル ヒップシートキャリア

    アイエンジェル ヒップシートキャリア
    韓国でエルゴを抜いて売り上げナンバー1!!その秘密はアジア人の体型に合わせて作られていることとヒップシートという椅子のようなものが内蔵されているため、赤ちゃんに無理やり開脚させる必要がなくママと赤ちゃんの間に適度な隙間ができるためムレにくい。ヒップシートのみで前抱き・横抱きもできて6通りに使える。胴体部分はメッシュの部分が取り外し可能で丸洗いOKと至れり尽くせり。ベッタリ甘えてこられた時にヒップシートのおかげでずいぶん楽にちょこっと抱きもできる。
  • 2位

    エルゴ

    エルゴ
    様々なべビー雑誌でも1位を獲得して今や抱っこひもの代名詞的存在。
    ただ、欧米人の体型に合わせて作ってあるので、赤ちゃんがかなり開脚しないと成立せず、ママとの密着面が多いため(この密着の良さで推奨している助産師さんもいる)湿気と暑い日本の夏には蒸れるのが難点。新生児の時はインファントインサートという別売りのパーツも購入せねばならず、その後はそのパーツを使うことが無い点も残念ポイント。おんぶにも使えるので三歳くらいまで大活躍。
  • 3位

    ベビービョルン

    ベビービョルン
    育脳に有効といわれる前向き抱っこがとても楽で、新生児から使える点も高評価。抱っこひもの内側に絵で取り扱いの説明書きがあり、左右の金具の差し込みも赤や青などさりげなく色分けされているため、初めての人でも使い方がすぐに解かりやすい。丸めれば、マザーズトートにも何とか入る。メッシュバージョンもあり、パパやママで兼用して使える。ただ、子供がある程度大きくなると子供の足や太ももに体重の負担がかかるのと、二歳くらいまでが正直限界。
  • 4位

    バボ

    バボ
    五メートルくらいの布を体に巻き付け、その中に赤ちゃんを入れる。布幅が広いため、上位五種類の中では一番ママの足腰に負担がかからず、ずーっと抱っこするのに向いているため、寝かしつけも便利。お雛まきのように、赤ちゃんがお腹の中にいた状態に近い形で抱くことができるので多くの助産師も推奨している。残念なのは布が長すぎて外出先で装着しづらく、何回も慣れるまで、巻き方の練習が必要。ただの布なので折りたためば鞄に入るしとてもコンパクトになる。
  • 5位

     アップリカ COLANハグ

     アップリカ COLANハグ
    新生児の時から三歳(15キロくらい)まで使える。別売りの新生児用のパーツを買えば 新生児の時横抱っこができるため、赤ちゃんの股関節や手足に負担をかけなくて済む。首がすわったらエルゴのように使える。2014年九月に新製品が出るらしい。
    横抱きの時の転落に注意が必要。
  • 6位

    キューズベリーの抱っこひも クロスタイプ

    キューズベリーの抱っこひも クロスタイプ
    助産師さんとの共同開発でコンパクトに畳めて鞄にも入る。装着も簡単。
    バックルで調整できる、フリータイプとXSからXLまで選べるサイズ固定タイプから選べ、フリーサイズはパパと共用もできる。丸洗いOKで国産。
    ただ、謳い文句に「赤ちゃんの体重が半分に感じた!」とあるが、実際はうーーん。。。という感じ。首が座ってからしか使えない。が、二つ目の抱っこひもとして割り切るなら良いかも。
  • 7位

    sun&beach

    sun&beach
    元々は、あるママが生地を買ってきて手作りで作ったものが原型。華やかな柄、可愛い抱っこひもを探しており、他人と被らないものを探している人にオススメ。150センチ以下のママにもオススメ。抱っこひも自体がペットボトルより軽く、折りたたんでバッグに収納しやすい。オーガニックバージョンの地味なデザインのタイプもある。個人的には肩紐の食い込みが気になる。ヘッドカバーは別売り。
  • 8位

    ベッタ キャリーミープラス

    ベッタ キャリーミープラス
    シンプルな構造で横抱きと縦抱きに対応。新生児からすぐに使える。たたむと手帳サイズくらいになる。左右どちらかの肩が疲れたら方向を変えられる。横抱きも縦抱きも要領を掴むまで若干練習は必要かも。寝かしつけには便利だが11キロぐらいまでの対応なので、ビッグベビーだと使える期間は短いかも。
  • 9位

    アップリカ ベルトフィットコラン

    アップリカ ベルトフィットコラン
    日本人の体形に合わせて作られており、赤ちゃんの開脚の度合いもエルゴに比べて少ない。首すわりから36か月まで対応。おんぶをするときに独自のメッシュベルトの様なものがついており、転落を防ぎ、ファスナーでムレたときに熱を逃がせる。正直長時間の抱っことなると、ママの負担度からいうとエルゴに軍配が上がる。
  • 10位

    コンビ セオッテ

    コンビ セオッテ
    4か月くらいから、36か月まで対応。首カックンサポート・ワキサポート・落下防止のベルトサポートがあり、縦抱きとおんぶができる。首カックンサポートのところがよだれや汗でべとべとになりやすいので別売りのカバーが必要。どちらかというとおんぶに向いている気がする。通気性にもう一工夫あれば、もっと上位に。

まとめ

抱っこひもは複数買うものではないと妊娠前には思っていましたが、様々なシーンで、「この商品ここは良いけど、ここが不満!」と多い人だと5つくらい抱っこひもを買換え、家用とかおんぶ用とか使っている場合があります。私も息子が標準よりも大き目でしたので様々なお店をチェックして、実際に息子を入れてみて、かなりの数を試しました。また友人たちにもインタビューしてみました。 やはり高齢出産ということもあり仕事もしていますので、長時間疲れない、様々なシーンに対応できる、赤ちゃんに負担が少ない、メンテナンスが楽、デザインがいろんな洋服に合わせやすいなどを基準としました。全体的に国産のものの方が体型に考慮して作られたものが多く、人気のある製品は抱っこの体感が楽という結論に。一位のアイエンジェルはたまたまある番組の収録で出会ったのですが、ヒップシートという新発想の賜物で本当に目から鱗でした。

香坂コーリー知永子が作成したランキング記事一覧

専門家・エキスパート一覧

  • 和田清香

    ダイエットエキスパート

    体験したダイエット法は250種類以上のダイエットエキスパート!

  • 麻生 怜菜

    精進料理研究家

    心にも体にも優しいキレイになれる料理を提案します。

  • 香坂コーリー知永子

    ヒット商品研究家

    TVショッピングキャスター歴14年、延べ2万アイテム近い商品を取り扱い。

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。
公開日: 2014年08月24日
最終更新日:

記事が公開されました!

記事をシェアしませんか?
あなたのお気に入りをみんなで共有しよう!